FC2ブログ
 

Precious Lifecycle

心に浮かんだ言葉だとか 心に残った詩の置き場所
 
 
カウンター
励みになっておりマス(^人^) ランキング
イーココロ クリック募金♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル・ルワンダ 

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディションホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
(2006/08/25)
ドン・チードル、ソフィー・オコネドー 他

商品詳細を見る



前にヨヨ子さんのブログで紹介されてて見てみよかなぁと思った

ホテル・ルワンダをようやく見てみました。

アフリカにあるルワンダの内戦の話です。

アフリカ版シンドラーのリストって言われてるようです

たしかに自分の家族とヘタすれば自分も危ないという状況で
結果的に大勢の人を助けることになるってところは同じですね

ホテルマンという職業柄サービス精神を持ち合わせてたとこもあったようですが
ただ成り行きで他の人も一緒に助けちゃったみたいな感じでもありましたが
そういうとこが逆によかったです


とにかく主人公の機転はすごかったなー

数々の困難・問題に直面するたびに、判断・決断でなんとか切り抜けていくという話です

なんて言葉でいうのは簡単だけど

映画の中ではほんと紙一重でなんとか生き延びたって感じでした

実話をもとにしてるとのことなので、実際にはさらに大変なことが数々あったのでしょう


もともとルワンダという国は

ツチ族とフツ族という二つの部族で成り立っていたようなのですが

ベルギー統治下だったときにツチ族に優位に扱ったことで
長年の怒りが爆発したということが背景にはあったようです


しかしこの映画でよくわかるけど国連というところは

紛争の解決はするけど止めることはできない組織だということが分かってしまうつくりでした

ユーゴスラビア内戦でも、今でもアフリカで現在進行中の内戦でも似たようなことが起きてるようですが

国連で問題にしてもすぐには止められる力はないのですね 停戦の調停くらいはするでしょうが

国連軍なんて常時いるわけでもないし 国連から派遣された少数の軍隊じゃどうしようもないのでしょう

ルワンダのケースだと

数十万・数百万人単位で暴動起きたようなので

国連の名があっても数百、たとえ何千人でも抑えられるワケがないですよね

迅速に紛争をとめることができるようなシステムが世界にできないと、映画のような話はなくならないでしょう


とはいえ現実的に考えて

わざわざ他の国の戦争をとめるために自国の軍を送るっていう国がそうあるわけないですからね

日本のように例え国際貢献だろうと、派遣するのにさまざまな問題がでる国にはどうしようもない問題かもしれませんけど

他の大国だって石油のような見返りがあると判断されない限りは積極的に動くわけがないでしょうね

そんな見返りなしでも、紛争を止められるシステムをつくるような動きも

ないわけではなさそうですが、ぜひ早々に実現してほしいものです

こういう映画や本が世界中で読まれて論議されれば変わっていくことでしょう


最後の多くの孤児が避難してた
難民キャンプのシーンには胸にこみ上げるものがありました

民族の争いに巻き込まれてしまった彼らの人生がよいものになるには

どれだけのり越えることあるのでしょうか 想像絶します

が、二度と紛争を起こさないような国に変えていってほしいものです



ほんとに
こういうことで孤児を生むのはどんな国だろうどんな理由があろうと

許されないことだということが

よく分かる映画なのではないでしょうか

またいい感想かどうかは分かりませんが

自分の生まれたとこが 紛争とか内戦が起こるとこでなくてホントよかったと

感謝したくなってしまうような映画でもありました 










それもあって こういう基金する動機にもなると思います

ってまぁショッキングなシーンもあるので基本的にはおススメませんけどね(今更)

(´∇`)ノそれでわでわ~



FCランキング


ランキング

コメント
ホテルルワンダは、借りたいな~見たいな~と
いっつも思っているのに、借りてない映画です^^;
実話をもとになんですが、この実際の事件の時に
家族を亡くされた方が、歌手デビューしてるんですよね。
それを聞いて素晴らしい曲だなぁと思ったんですが、
その方はその事件に被害者としてよりも、
1人の歌手として歌を聞いてほしいと言っていました。
なんだか強い心というと語弊がありそうですが、
絶対悲しいし辛いはずなのに、たくましく生きていかなければいけない
状況だったんだなぁと思ってしまいました。
・・・全然関係ない話でごめんなさい^^;
でも、zinさんの解決があったので、
今度しっかりホテルルワンダを見てみようと思います!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わたしもこの映画観たよ。
主人公たちが必死に生きる姿が印象的ですよね。
人は生まれる前に環境を選んで生まれるといいますが、
この国に生まれることを選択したとしたら彼らはすごいですよね。
うちにもDVDがあります
アフリカの問題について考えるならダーウィンの悪夢もお勧めですね。
まあDVDが出てるかはわかりませんが...
ブラックダイアモンドもアフリカの問題に関しての映画だった気がします。
まあアフリカは資源が豊富なだけに他国にとってはある意味美味しい国なのです。
ムタさんへ
興味あるけど手にとって
いつもまた今度にしようっていう映画ってありますよね(´∇`)

ムタさんが言ってる歌手のこと聞いたことあるかもです^^
曲を聴いたわけではありませんが
そうやって苦しい環境から成功する人もいるんですよね

全然関係ある話だと思いますよ
ムタさんありがとです(^人^)
Namitanへ
おひさです^^
ほんと印象的な映画ですよね
主人公の選択と判断はスゴイと思いました
ただ生きる 生き残るということが
どれだけ幸せなことなのかを 主人公たちが訴えかけてくれてるような映画ですよね
ナミさんありがとです(^人^)
ミュジニーさんへ
ブラッド・ダイヤモンドはDVDを手にとって
いつか見てみようと思った映画でした^^
ディカプリオがでてる映画ですよね

ダーウィンの悪夢は聞いたことですが
オススメなのですね メモしときます^^
ミュジニーさんはアフリカの問題にも詳しいのですね~♪
オススメありがとでした
zin。さん、はじめまして。
アクセス履歴からお邪魔しました。
この映画、わたしも興味深かったんです。
zin。さんのブログを拝見して、絶対観てみようと思いました。
悲しいけど、地球は何時か、こんな事の始まりで滅びてしまうのかもしれませんね。
正義の味方にはなかなかなれないから、いつも正義を心においていないと、つい、悪い人間になってしまいます。
ブラッドダイヤモンドは昨年観ました。
人気が無かったのか、直ぐに公開は終了されてしまったけど、ディカプリオの代表作の一つと言っていい位、いい映画でしたよ。
わたしも、汚れたダイヤモンドは絶対買わない、買っちゃいけないと誓いました。
カカオの問題やら、世界は悲しい事が多すぎますよね。
またお邪魔させて下さい。
こんばんは^^
民族の違いゆえの 人々の狂気、すごくこわいです。
いったん戦争になってしまえば
私たちも同じ人間から 無差別な虐殺をうける可能性が高いわけで。
いま世界で起こっている こういった戦争は 遠くで起こっているけれど 近い将来の私たちのヴィジョンなのかもしれない。。。;;
最近映画からすっかり遠ざかっているぷぅです^^;
 (あ・・TV版の「デスノート」は
観たけど)
教科書だとどうしても「物語」「人事」みたいな「距離」を感じるけれど、
映画だと(ショッキングな映像も含めて)現実にあったことなんだと認識できていいと思いますね、
特に最近の「自分さえよかったらいい」みたいな風潮ならなおさら・・・・

近所のレンタル屋さんがつぶれて
途方に暮れております、
早く新規開拓したいです。
↑申し訳ございません、
間違えてコメントを投稿してしまいました。
コメントのパスワードを入力していないので当方にて削除ができません。
たいへんお手数ですがよろしくお願いします。
ごめんなさい。
Fuwari+Funwariさんへ
コメントありがとうございます
ブラッドダイヤモンドはいい映画でしたか
より見てみようという気になれました感謝ですv-22

たしかに考えさせられる映画でした
状況によって善意にもなれば悪意にもなるのだなといった感じで

それでも善意のほうが素晴らしいから映画にもなるのでしょうね

汚れたダイアモンドを買っちゃいけない
という気持ちになる映画...ほんと気になります^^
ムタさん、間違えてコメント書いてしまって、削除していただき、ありがとうございました。
ヨヨ子さんへ
コメントありがとです
返事遅れてスミマセン
ヨヨ子さんの記事がきっかけでこの映画知ることができました
ありがとです

今でも世界のどこかで戦争や紛争が起きていても
それぞれの生活がおびやかされることもあるのですよね
こういう映画を見ると恐いなという気持ちもありますし
こういうのなくなってほしいと思うのは
こういうのは普通の感情ですよね

命って大事って思わせてくれる映画だと思いますv-22
いい映画ブログで紹介していただいて感謝です(^人^)
ぷぅちゃん☆へ
TV版のデスノートはこの前見てて
途中で寝てしまいました(ノ_・。)
実写版の最期みたかったので残念ですた( ゚Д゚)ポカーン

歴史やニュースだとどこか距離を感じるって分かります
映画のほうが近くに感じるってのもありますよね

たしかに
歴史っていってもルワンダは15年くらい前の出来事で
ルワンダほどじゃなくても紛争はなくなってはない
っていう現実を知るきっかけになるとは思います


ほんとレンタル屋見つかるといいですね^^
まことさんへ
いえいえ大丈夫ですよ あと自分はzin。です^^















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://success69.blog82.fc2.com/tb.php/142-a29d288f
プロフ

zin。

Author:zin。
・age-32 ♂

・性格は癒し系というよりも
 むしろ癒されたい系Σ(°□°)オイ

・思考はカメレオンらしい(性格分析より)

基本的には
自分の好きなこと 癒されることを
紹介したりしてます^^

最近は詩を書いたりもしてますが
より良いと思ったら
書き直したり 加えたりもしてます^^

<2009/08>
一年以上休んでましたが復活し
『LOAD OF MIMD』から
ブログ名を変えました♪

最近の記事+コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
全記事一覧
ブログ内検索
リンク
RSS
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。